桜庭一樹『赤朽葉家の伝説』☆☆☆1/2

 製鉄業を営む鳥取の旧家を舞台にした、女三代の物語。読み始めたら止まらず、先が気になってぐいぐい読んでしまった。しかし、はっきりいって、ものすごーくヘンな話!(笑)もっと真面目な女三代記だとばかり思っていたので。なるほど、完全にエンタメなんだな。そう思えば納得がいく。  祖母である万葉、母である毛鞠(なんと私と同い年!)、娘である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』☆☆☆1/2

 4つの中篇。ひとつひとつの話が短いせいか、「ああ大満足!感動!おなかいっぱい!」というカンジにはならなかったけど、伊坂節を堪能しました。ちょっと気の利いた、軽い食前酒みたいな雰囲気かな。やっぱり彼の小説はなんといっても会話が洒落ててうまいよなあ。  みんな愛すべきお間抜けキャラで、何度もくすりと笑うシーンが。大好きな黒澤さんが2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有川浩『クジラの彼』☆☆☆☆

 全編ストロベリ~な自衛隊恋愛短編集。著者いわく「活字でベタ甘ラブロマ」。ほんっとに虫歯ができそうな甘さ(笑)。ケーキにマシュマロにプリンにパフェと立て続けに出てきて、途中でお漬物とかしょっぱいものが欲しくなってしまった(笑)。最後まで読むと、さすがにちょっとくどかったな。  だが!これがめっぽうハマりましたよ。いや~どの話もホン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高野秀行『アジア新聞屋台村』☆☆☆1/2

 いやあ、非常に感銘を受けました!  読み始めた最初のうちは、この小説ともノンフィクションともつかない半端な感じがどうもすわりが悪いなあと思っていたんだけど、途中でわかった。これ、「小説」と思って読んではいけないんだ。著者の経験を小説形式にしたもので、リリー・フランキーの『東京タワー』のように、半自伝小説みたいなもんなのね。ストーリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more