テーマ:作家 は行

POP王『POP王の本!』☆☆☆1/2

 ああ、私が新入社員のときに出ていれば!!そしたら仕事のバイブルとして活用したのになあ~。  大変勉強になる本でした。実際のPOPがカラーでそのまま掲載されており、その本の紹介文が添付されている。こういうのを参考にちょっと真似するだけでも、書店員としてはかなり勉強になると思う。もちろん、書店に限らずどんなお店でも使えそう。そして合間に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東野圭吾『使命と魂のリミット』☆☆☆☆1/2

 大変面白かった!    東野さんの、作家としてのプロの矜持にうならされた。ずっと失速することなく、このレベルを維持し続けているってすごいと思う。ベテランと呼ばれる作家のなかでも、こういう方は少ないのでは。まさに彼も作家としての『使命』をまっとうすべく奮闘していると思う。  心臓の病で手術をし、突然死んだ父。その死因に疑問を持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古川日出男『僕たちは歩かない』☆☆☆☆

 なんとも不思議な話。そういう意味だったのか、このタイトル!最初はこの話がどこに転がるのか全然わからなかったけど、そうきたか!  時の狭間、とでもいったらいいか。24時間ではなく、26時間ある世界にいけるようになったシェフ見習いたち。ここで彼らは料理の修業にはげむのだが、その仲間のひとりが…。  ファンタジックなショートスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

堀江敏幸『いつか王子駅で』☆☆☆☆

 炭火のような温かさ。現代の、自分より2歳上なだけの方が書いたとはとても思えないシブさ。ぶっちゃけ、じじくさい(笑)。というより、現代に舞い降りた夏目漱石か太宰治か?もはや存在しなくなった、「文士」という言葉がぴったり。明治や大正の香りすら漂う。  もうとにかく文章の上質なこと。最初のページに、なんと「。」が一個もないのだ。10行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more