テーマ:タイトル さ行

辻村美月『スロウハイツの神様』☆☆☆☆1/2

 ああもう辻村さん!!やってくれたよ!!あまりに心ゆさぶられて、もう言葉にならない。これは、愛と奇蹟の物語。  辻村美月による、現代トキワ荘物語。若手クリエイターの卵たちが集まる「スロウハイツ」。ここで手塚治虫にあたる神様のような天才小説家「チヨダ・コーキ」を頂点に、この館の持ち主である気丈な新進女性脚本家の環、ほか数人の男女が共…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東野圭吾『使命と魂のリミット』☆☆☆☆1/2

 大変面白かった!    東野さんの、作家としてのプロの矜持にうならされた。ずっと失速することなく、このレベルを維持し続けているってすごいと思う。ベテランと呼ばれる作家のなかでも、こういう方は少ないのでは。まさに彼も作家としての『使命』をまっとうすべく奮闘していると思う。  心臓の病で手術をし、突然死んだ父。その死因に疑問を持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舞城王太郎『SPEEDBOY!』☆☆☆☆

 もう常人からは手の届かないところへ行ってしまった舞城くん(笑)。もはや、この物語の意味とか、考えること自体無意味。彼は彼の地平の果てを目指して突っ走っている。でもそれでいいと思う。こんなの、他の誰に書ける?  走るのが速すぎて、ジェット機を越えるほどになってしまった成雄の物語。ストーリーなどあってなきが如し。無理やり考えるなら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more