テーマ:作家 あ行

伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』☆☆☆1/2

 4つの中篇。ひとつひとつの話が短いせいか、「ああ大満足!感動!おなかいっぱい!」というカンジにはならなかったけど、伊坂節を堪能しました。ちょっと気の利いた、軽い食前酒みたいな雰囲気かな。やっぱり彼の小説はなんといっても会話が洒落ててうまいよなあ。  みんな愛すべきお間抜けキャラで、何度もくすりと笑うシーンが。大好きな黒澤さんが2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有川浩『クジラの彼』☆☆☆☆

 全編ストロベリ~な自衛隊恋愛短編集。著者いわく「活字でベタ甘ラブロマ」。ほんっとに虫歯ができそうな甘さ(笑)。ケーキにマシュマロにプリンにパフェと立て続けに出てきて、途中でお漬物とかしょっぱいものが欲しくなってしまった(笑)。最後まで読むと、さすがにちょっとくどかったな。  だが!これがめっぽうハマりましたよ。いや~どの話もホン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絲山秋子『エスケイプ/アブセント』☆☆☆

 ああ、この方やっぱり、純文学に行くのかな。ちょっと短すぎて、物足りない印象。「エスケイプ」と「アブセント」で対を成している。  「エスケイプ」は学生運動から政治活動をだらだら続けていて、40になってしまった男性の話。しかし彼は活動から足を洗って、託児所を始める妹の手伝いをすることに。その隙間の1週間の旅。  「エスケイプ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有川浩『海の底』☆☆☆☆1/2

 うわー、これすごく好き!!『図書館戦争』と同じくらい!!  横須賀港に突然巨大ザリガニの大群が襲来!たまたま入港していた潜水艦に取り残された、若い士官見習い2名と少年少女たち。街を襲うザリガニと戦う機動隊内部の葛藤。政治の思惑に振り回される彼らの運命は?  怪獣SF、またはジョーズのようなパニックSF。すごく面白い、エンタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more