テーマ:タイトル は行

伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』☆☆☆1/2

 4つの中篇。ひとつひとつの話が短いせいか、「ああ大満足!感動!おなかいっぱい!」というカンジにはならなかったけど、伊坂節を堪能しました。ちょっと気の利いた、軽い食前酒みたいな雰囲気かな。やっぱり彼の小説はなんといっても会話が洒落ててうまいよなあ。  みんな愛すべきお間抜けキャラで、何度もくすりと笑うシーンが。大好きな黒澤さんが2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

POP王『POP王の本!』☆☆☆1/2

 ああ、私が新入社員のときに出ていれば!!そしたら仕事のバイブルとして活用したのになあ~。  大変勉強になる本でした。実際のPOPがカラーでそのまま掲載されており、その本の紹介文が添付されている。こういうのを参考にちょっと真似するだけでも、書店員としてはかなり勉強になると思う。もちろん、書店に限らずどんなお店でも使えそう。そして合間に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古川日出男『僕たちは歩かない』☆☆☆☆

 なんとも不思議な話。そういう意味だったのか、このタイトル!最初はこの話がどこに転がるのか全然わからなかったけど、そうきたか!  時の狭間、とでもいったらいいか。24時間ではなく、26時間ある世界にいけるようになったシェフ見習いたち。ここで彼らは料理の修業にはげむのだが、その仲間のひとりが…。  ファンタジックなショートスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北村薫『ひとがた流し』☆☆☆☆

 しみじみといい話でした。40代なかばの、学生時代からの友達である女性3人の友情物語。アナウンサーの仕事をしている千波を中心に、その友人2人との交流や、周辺の人々のあれこれを描いている。章ごとに、語り手がチェンジしていく形式。  北村さんならではの、細やかな心理描写がさすが。ホントに著者は男性なのか?と思うほど。繊細な女性心理をよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more