テーマ:タイトル な行

岸本佐知子『ねにもつタイプ』☆☆☆☆1/2

 大好きな『気になる部分』に続く、待望のエッセイ集。ああ、岸本さん最高!もう一生ついていきますわ…!  抱腹絶倒の爆笑エッセイ。やっぱり岸本さん、私とあまりにも類似点が多すぎます。これを読んで初めてわかりました、私、地球人じゃなかったんだ。「気がつかない星人」だったんだわ!岸本さんがいつか故郷の「気がつかない星」に帰るときは、どう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北國浩二『夏の魔法』☆☆☆1/2

 ん~、さくさく読めて面白いけど、感想としてはわりと普通。  しかしこの設定はあまりに残酷。22歳の老婆。14歳で早老症にかかり、しかも末期がん。その病気を知られたくなくて当時大好きだった彼と別れる。その思いを胸に最後の思い出にと、彼と過ごした懐かしい島を訪れた彼女の前に、成長してたくましい青年になった彼が現れる…。  彼女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮部みゆき『名もなき毒』☆☆☆☆

 涙を絞る、とはこのことか。おっぱいを飲む息子の頭の上にぽたぽた涙を落としながら読みました。  なんとも悲しい話。宮部さんのミステリには、サプライズというのは案外あまりないような気がする(特に最近のは)。展開にだいたいの想像はつく。だけどものすごく読み手の感情を揺さぶるミステリなんですよね。さすが人情派というか。市井の人々の、ごく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more